O11 Vision

「O11 Vision」は、Lian Li社とPC Master Race(PCMR)のコラボにより生まれたミドルタワーケースです。
デザイン面においては、フロント、左サイド、トップの3面に強化ガラスを配置し、さらにピラーレスデザインの採用によってケース内部のコンポーネントをシームレスに見渡せることが最大の特徴です。

またモジュール構造のパネルとファンブラケットによりコンポーネントの取り付けが簡単に行えるほか、ケーブルマネージメントに配慮した各種ギミックも備えています。
冷却性能においては、最大2基の360mmラジエーター+1基の240mmラジエーター、または最大8基のファン(プッシュ・プル設定時は11基)を装着可能。
フォームファクタはMini-ITXからE-ATXまで幅広く対応。カラーはブラック、ホワイトの2種からお選びいただけます。

「EVO=エボリューション(進化)」の愛称が示すとおり、「O11 Dynamic EVO」はシリーズ中、さらなる進化を遂げました。
本製品はより先進的なマシンを組みたいエンスージアストユーザーの皆様や、何も諦めたくない最高レベルの環境性をお求めのユーザー様へ確実にアピールする製品となっております。
さらに自由度と拡張性を高める豊富なオプションも用意されており、実用性はもちろん自分なりのオリジナリティ溢れるレイアウトでマシンを組むことが可能な本体ケースです。

製品特徴

  • 3面強化ガラスパネル+ピラーレスデザインを採用したミドルタワーケース
  • コンポーネントへのシームレスな視界を提供。どの角度から見ても美しい究極のビューを実現
  • 「クール」と「クリア」の絶妙なバランス

     

  • クリーンなケーブルマネージメントソリューション

3面強化ガラスパネル+ピラーレスデザインを採用したミドルタワーケース

O11 Visionは、フロント、左サイド、トップの3面に強化ガラスを配置。
さらにピラーやカラムを廃したことで、ケース内部のコンポーネントを外側からシームレスに見渡せる究極のビューを実現しました。
各ガラスパネルの接合点に設置された強固な構造サポートは35kgの力に耐えるよう設計されており、3つのサイドガラスパネルすべてに揺るぎない安定性を確保します。

「クール」と「クリア」の絶妙なバランス

O11 Visionは、印象的な外観を誇るだけでなく、冷却面においても妥協しません。
ケース下部に設けられた高さ27mmの空間と13mmのボトムファンブラケットスペースによりケース内への十分な吸気を確保しています。
これによって最大360mm x2基+240mm x1基のラジエーターに対応し、効率的な熱制御を実現しました。

クリーンなケーブルマネージメントソリューション

O11 Visionは、メインチャンバー内の景観を最も美しく保つため、セカンドチャンバー内のケーブルマネージメントを考慮して設計されています。
右のPSUマウントブラケットはケース背面から15mm突出しており、ケーブルマネージメントのためのスペースが確保されています。
さらに、ケース背面にケーブル結束ポイントを設けており、ケーブルの引き回しに役立ちます。
ドライブケージも取り外し可能で、ケーブル配線用のスペースを確保することができます。